肌が白くなる食べ物を栄養素別にご紹介 美白を作る食べ物

法被の女性

 

こんにちは。太田紀子です。

 

 

肌に透明感を出すってことは、肌が白くなくちゃいけないですよね。肌が黒くちゃ透明感は出ないです( ;´Д`)

 

 

単純に肌を白くするって言っても日焼け防止するとか、タバコ吸わないとかありますけど、やっぱり食生活というか体の中に入れる食べ物も、肌を白くする栄養素を含んだものを食べるのがイイんですよね。

 

 

というか、食べ物は一番大事だと個人的には思っています。

 

 

 

実際肌ってどうやって白くなるの??

 

 

肌って、どうやって白くなるの?というと、まずイメージするのは「紫外線」ですよね。

 

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が活性化して肌が黒くなってしまいます。まず、白い肌を作るのは紫外線対策をするわけですが、

 

 

→参照 シミを改善 紫外線でメラニン色素が増えて肌が黒くなるり理由

 

 

そのうえで、「抗酸化作用」をしてくれる食べ物を食べます。活性酸素っていうのが体にできると肌が老化して黒くなっちゃうんですよね。

 

 

 

紫外線をカットしてくれるサプリメント



 

 

 

 

 

普通に年齢を重ねても活性酸素は増えますし、紫外線を浴びても活性酸素は増えます。そのため肌を白くするためには活性酸素を減らす栄養素を食べるのがいいんですよね。

 

 

活性酸素を減らすのは「ビタミンA、C、E」「リコピン」といった栄養素です。これって結構メジャーですよね( ;´Д`)

 

 

 

美意識高い女性なら知ってる栄養素ですよね。あえてここで書かなくてもいいくらいですよ。

 

 

 

そしてさらに肌を白くするために欲しい栄養素は「タンパク質(脂肪が少ないほうがイイ)」「乳酸菌」といった肌にハリを与える、血行を良くする胃腸を整える、便秘を無くすといった栄養素です。

 

 

血行が悪かったら肌ってどす黒くなりますよね。また、便秘だと肌荒れしたりします。肌を白くするためにはこういった

 

 

たんぱく質や乳酸菌も割と大事な栄養素です。

 

 

こういった栄養素を含む具体的な食べ物ってどんなのがあるんでしょうかね?

 

 

具体的な肌が白くなる食べ物

 

それでは、栄養素別に食べ物を見ていきましょう。こういった食べ物をバランスよく食べていくのが大事です。

 

 

また、食べ物から栄養素を摂ることができないケースではサプリなどを併用するのも効果的です。

 

 

 

ビタミンA,C,E

 

ビタミンA,C、Eは美白には絶対必要なんですよね

 

 

 

ビタミンAは
にんじん、モロヘイヤ ほうれん草 うなぎ たまご・・・・といった食品です

 

ビタミンAは肌の新陳代謝を高めてくれて皮膚を強くする働きがあります。

 

 

 

 

 

ビタミンCは

 

赤ピーマン もろへいや ゆず いちご 焼きのり ブロッコリー 果物全般

 

と言った食べ物に多く含まれていますビタミンCは活性酸素を押さえる抗酸化作用が高く特に肌を白くするたもの
ビタミンの中では最重要なんですよね

 

 

肌を白くする高濃度ビタミンCサプリ

ミルセリンホワイトNKB

 

 

 

 

ビタミンEは

アーモンド ピーナッツ うなぎ かぼちゃ 赤ピーマン

 

といった食べ物に豊富に入っています。血行を良くしてくれて肌を透き通るような白さにするためには欠かせませんよね

 

 

 

リコピン・乳腺均・タンパク質

 

 

リコピンは

 

トマト、スイカ

 

といった食べ物に多く含まれています。リコピンも抗酸化作用があって肌を白くしてくれます。特にトマトはリコピンが豊富なので

 

摂って生きた食べ物ですよね。

 

 

リコピンを豊富に含むスイカのサプリメント



 

 

 

 

 

乳酸菌は

 

ヨーグルト、チーズ バター キムチ(漬物など) 味噌 醤油

 

といったものに多く含まれています。特にヨーグルトは乳酸菌の宝庫で、腸の働きを活性化してくれますしね。便秘にも

 

効果が高いです。お通じが良くなると肌荒れも無くなって美肌効果はアップしていきますしね。

 

 

 

乳酸菌の最高峰 ケフィアヨーグルト

手作りケフィアヨーグルトセット

 

 

 

 

脂肪の少ないタンパク質は

 

 

鶏肉、納豆、豆腐、おからなどに含まれています。鶏肉は皮の部分には脂肪があるので、皮を取って調理するのがベターですね。

 

納豆、豆腐などはタンパク質も豊富で、イソフラボンといった女性らしい体を作る栄養素も入っています。血行を良くして

 

体の調子を整え、肌のハリを作ってくれる大事な栄養素です。

 

 

 

 

こういった食べ物を「バランスよく」食べるのがいいんですよね うまく食生活で取り入れていくのがベターです

 

 

こういった食べ物を、どれか一つだけ食べるのではなくて、バランスよく食べるのが大事ですね。

 

 

そういったことがあるので、食事は、野菜、くだもの、肉(マメ)、ごはんといった日本食的なバランスのイイ食事が一番いいわけなんですよね。

 

 

そういう食事だけでとれない部分の栄養素はサプリなどを利用して補充していく感じがベターでしょう。

 

 

やっぱり、肌を白くする栄養を意識して摂っていると、だんだんと肌質って良くなってきますよ。

 

 

私も肌を気にし出したのがアラフォーになってからんなんですけど、それでも前よりはかなり肌が白くなった気がします。

 

 

まあ、自分比較なので、もっと肌が白くてきれいな人はいっぱいいますけどね( ;´Д`)

 

 

でも、肌を白くする食べ物って、美容だけじゃなく健康的にもいいものばかりなので、ジャンクフードとか食べるよりは100倍いいわけですよね。そういう意味でも肌を白くする食べ物をコンスタントに食べていきたいですよね。

 

 

体の中から白い肌を作っていきましょう(^O^)/

 

 

 

アラフォー女性の透明感のある肌を作る食べ物と美肌サプリトップページ

 

 

関連ページ

メラニン色素減らす食べ物とシミの改善方法 紫外線を完全カット
メラニン色素を減らしていく食べ物を紹介しています。また、紫外線をカットしてシミを改善していくために有効は方法をご紹介しています。
肌の透明感を出すには蒸しタオルで血行と代謝を良くするのがベターな理由
肌の透明感を出すには蒸しタオルで血行と代謝を良くするのが効果的です。蒸しタオルのやり方と注意点をご紹介しています(^O^)/
肌の透明感を出すにはトマトとスイカが最強な理由 肌を白くする野菜
肌の透明感を指す野菜で最強なのはトマトとスイカです。その理由はリコピンとビタミンCが豊富に含まれていて抗酸化作用を高めて肌のシミシワを防いでくれるからです。
肌の透明感を出すには豆乳から始めるのがベター 青汁と相乗効果で更に美白を
肌の透明感を出す飲み物として豆乳がいいんですよね。ビタミンB群とイソフラボンが大きく美白効果を高めます。また青汁を一緒に飲むと効果がさらに倍増する理由もご紹介します。
白い肌になるにはビタミンCとコラーゲン・タンパク質の相乗効果がポイント
白い肌を作るにはビタミンCが一番大事な栄養素ですけど、その摂り方が違うと効果が半減します。またコラーゲンやタンパク質との相乗効果で効果が高まるので、バランスよく栄養を摂っていく必要があります。
肌断食で美白&シミ改善の効果あり 美白のための栄養を摂ろう
化粧水をつけすぎたり、洗顔をやりすぎたりすると、肌が弱くなって荒れてきます。肌断食をして肌本来の保湿力を取り戻して肌の透明感を高めてみましょう。美白とシミ改善にも効果があるのでおススメでしょ。
肌の透明感とキメの細かさは生まれつき?透明感を出す方法
肌の透明感て生まれつきなのもたしかにありますよね。でも、現状から肌の透明感を上げていくことはできます。その方法を見てみましょう。肌のキメは徐々にですけど整ってきますよ。
肌の透明感がちふれ化粧品ではイマイチ出ない場合 肌を白くする栄養を摂っていこう
ちふれ化粧品を使ってもいまいち肌の透明感が出ないのは体の中から肌を白くする栄養素を摂っていないからです。ビタミンC,コラーゲンなどをしっかりとって体の中から肌の透明感を出していきましょう。
アラフォー女性の肌の透明感を出すプラセンタの効果をご紹介
40代前後になると肌の透明感が失われてきます。透明感を出す栄養素にはプラセンタがあります。その効果はどういったものなのかをご紹介しています。